Column

コラム

プロジェクトマネジメント

2021/10/29

【1】あなたの会社のプロジェクトはITを活用できているか

インターネットの普及、プロジェクトの複雑化、グローバル化により世界の様々なステークホルダーがいる中、短期間で作り上げていくプロジェクト。情報の波が錯綜しているこの時代、昔のようにプロジェクト管理パッケージのオペレータを選任で雇って管理するだけの時代ではなくなってきている。いかにスピーディにシステムを準備し、必要とされかつ正しい情報をみんなで可視化・共有化できるかが重要となっている。
さて、あなたの会社のプロジェクトはITを有益に活用できているか?

本コラムでは、長年プロジェクトマネジメント支援に携わっていた弊社コンサルタントが、これまでの経験からJVのようにプロジェクト期間だけプロジェクト関係者だけが使えるようなシステム作り、生産管理とプロジェクト管理の統合であるプロジェクト生産管理(Project Manufacturing)システムなどの導入や利用についてお伝えしていく。
次世代プロジェクト管理に向けて、今必要なプロジェクト管理システムとは何か参考にして頂ければと思う。


どの企業でもプロジェクトでITシステムを活用していると思う。

たとえば、Microsoft Project や Oracle Primavera などのプロジェクトの工程・リソース管理アプリケーション、Auto CAD などの CAD/BIM アプリケーション、その他プロジェクトコストの管理や見積などのアプリケーション、何かしらのシステムを使用しているのではないだろうか。

私も実際に Primavera を使用して自社プロジェクト管理や、お客様向けに Primavera のサーバー環境構築や導入/運用支援・既存システムとの連携開発を行ってきた。

しかし、自分の体験やお客様からの声を聞くと IT部門から「サーバーが届くまでに1カ月かかります」と言われたり、サーバーやネットワーク環境構築に伴う社内申請、また海外へ持ち出すときの社外申請など、アプリケーションは買ったのにすぐ使えないという問題に必ずあたってしまう。

とくにプロジェクトが JV(ジョイントベンチャー)だと、他社と同じシステムを使わなくてはならず、自社システムが使えなかったり、IT部門に JV対応用システム改修を依頼したりと、プロジェクト側も IT側も頭を抱えている。

私はそのような課題を抱えているプロジェクトや ITの方々にプロジェクトアプリケーション専用クラウドをお勧めしている。
以下の画面は自分の PC のブラウザからプロジェクトアプリケーション専用クラウドにて、工程・リソース管理の Oracle Primavera とプロジェクトコスト管理の ARES PRISM を利用している例である。

Project Cloud イメージ図

プロジェクトアプリケーション専用クラウドの良いところは、何と言っても登録したアプリケーションが全世界どこでもインターネットですぐに使えて、かつプロジェクト関係者専用画面で関係者間のコミュニケーションや伝達事項のやり取りができることだ。

これからは重いパソコンを持たずに手ぶらで出張する時代になるに違いない。

この記事へのお問い合わせ 

関連リンク

PROJECT CLOUD

PROJECT CLOUDはプロジェクト管理業務を支援する『グローバル・パッケージシステム』をクラウド化し、「環境構築」「教育」「ユーザーサポート」「システム運用保守」をワンストップで提供するサービスです。
「PROJECT CLOUD」詳細はこちら

Primavera ファミリー概要

世界164ヶ国、75,000社以上で導入されているプロジェクトマネジメント・システムです。 建設・エンジニアリング・設備保全・製品開発・研究開発・通信・システム開発などの業界から、 その実力が高く評価されています。
「Primavera ファミリー概要」詳細はこちら

PRISM G2

PRISM G2は、建設や工事など個々のプロジェクトごとに、管理会計ベースでのコスト管理を可能とするソリューション製品です。ERPなどの社内システムから集約したデータを集計し、将来発生が見込まれるコストを反映した、高精度な損益予測を実現。プロジェクトコストの見える化で、不採算案件の早期発見・対策にも貢献します。
「PRISM G2」詳細はこちら

カテゴリ:プロジェクトマネジメント